2015/4/13 2015年度ミューズの子を発行しました
2015年度ミューズの子を発行いたしました。
前期予定表はこちらをご覧ください。
                                      ある作曲家の手記より
●  毎日5時半から朝食まで勉強すること!
●  夕方と朝には人と交流すること!家の中で過ごすのと違った生活だから、活気づいても疲れることはない。
●  毎日音楽家など誰かを食事に招くこと。そして、あれこれの問題、例えば楽器編成などについて論ずること。
●  ヘンデル、バッハ、グルック、モーツァルト、ハイドンの肖像画が私の部屋にある。それらは、忍耐力の助けとなるだろう。
●  カルルのところに薬を、土曜日か日曜日に丸薬をもう一度飲ませる。
● 優れた人間の大きな特徴は、不幸で、苦しい境遇にじっと耐え忍ぶこと。
● この世になすべきことは沢山ある。すぐになせ!
 ある作曲家のノートから日常生活の一端や考え方が分かる箇所を抜き出してみました。「!」にも彼の気持ちが表れています。
いったい誰のことかわかりますか?作曲家の手紙や手記には、想像力を刺激する情報が詰まっています。彼らを身近に感じて
演奏すると、音楽はもっと楽しくなるでしょう。
 答えは、ベートーヴェンでした!
                                                フェリス音楽教室室長 立神粧子
produced by olympos co.,ltd